(令和3年9月15日)島根原子力発電所2号機の新規制基準適合性審査合格にあたっての知事コメント

トップページ > 原子力に関する知事コメント > (令和3年9月15日)島根原子力発電所2号機の新規制基準適合性審査合格にあたっての知事コメント
 原子力規制委員会の適合性審査が終了したが、国・中国電力は、まずは速やかに、安全性等に関する一連の審査内容等について、鳥取県はもとより、米子・境港両市、住民、議会等へ丁寧に説明をすべき。
 再稼働判断については、安全を第一義とし、今後、県独自に設置した原子力安全顧問による専門的なチェックを経て、住民に身近な地元両市の意見を聴き、県議会とも協議をし、その意向を踏まえて、慎重に判断していきたい。
 その際、安全協定の改定により、立地のみならず周辺自治体の意見が尊重される仕組みとすることが前提となると考えており、中国電力には速やかな対応を強く求める。
[ もどる | ページのトップへ ]

Copyright (C) 鳥取県原子力 .All Rights Reserved.