トップページ > 原子力防災の取り組み > 原子力防災訓練 > 令和元年度原子力防災訓練(島根原子力発電所対応) > (令和元年7月31日)船舶を活用した住民避難訓練等の実施

(令和元年7月31日)船舶を活用した住民避難訓練等の実施

実施目的等

鳥取県地域防災計画(原子力災害対策編)等において、バス・乗用車による避難を中心としつつ、船舶等による避難を補完的手段として位置付けています。
このたび、海上自衛隊の協力を得て、連携要領や船舶への乗・降船手順の確認、港湾使用に係る関係機関等との調整方法等の確立及び検証を行うことを目的として次のとおり訓練を実施しました。



実施日時・参加船艇・訓練行程

水中処分母船1号

令和元年7月31日(水) 午前7時~10時30分

海上自衛隊 水中処分母船1号 (境港竹内岸壁 → 美保湾航行 → 再度竹内岸壁着岸)


実施場所

境港市(境港竹内岸壁)

実施機関

鳥取県、米子市、境港市、海上自衛隊舞鶴地方総監部、境港管理組合、中国電力株式会社 等

訓練参加者数

約60名(住民9名)


訓練想定

  • 島根原子力発電所において、トラブルが発生し、避難へ進展。
  • 海自艦艇が避難に使用可能な状況にあり、船舶により避難を実施する。
  • 航海中に放射性物質が放出したと想定し、鳥取港(想定、実際には境港に再度入港)において避難退域時検査を実施する。

訓練写真

避難住民の乗船