トップページ > 島根原子力発電所の安全対策 > 島根1号機の対応 > 廃止措置の実施状況 > 廃止措置状況の確認 > (平成30年12月7日)島根原子力発電所1号機の窒素ガス制御系の解体撤去工事の視察

(平成30年12月7日)島根原子力発電所1号機の窒素ガス制御系の解体撤去工事の視察

島根原子力発電所1号機の新燃料除染作業の視察について

 中国電力が12月3日から、放射線管理区域外の設備の解体撤去作業に着手したことから、12月7日に鳥取県では、その作業を確認しました。

1 日 時  平成30年12月7日(金)13:20~15:00

2 場 所  島根原子力発電所1号機原子炉建物南側屋外(島根県松江市鹿島町)

3 確認内容  
・窒素ガス制御系設備の解体撤去工事
 窒素ガス制御系設備とは、格納容器内での水素と酸素の反応による爆発を防止するため、あらかじめ格納容器内の空気を窒素に置換する設備。その設備における窒素を供給する配管を電動ノコギリで切断する作業について確認しました。
・窒素ガス制御系設備の解体撤去作業は、12月末まで。

解体設備(窒素ガス制御系)
解体設備(窒素ガス制御系)

切断作業
切断作業