トップページ > 原子力防災の取り組み > 原子力防護対策のあらまし

原子力防護対策のあらまし

原子力防護対策のあらまし

福島事故後、原子力施設等の防災対策が見直され、福島事故の教訓を踏まえて「原子力災害対策指針」が決定されました。

緊急事故における防護対策の考え方

・防護対策を時系列的に整備して、防護対策にタイムラインを導入
事故の不確実性や急速な進展に速やかに対応するため、関係機関が緊急事態の時間的な進展に対して一貫した共通の意思決定戦略を策定できるよう緊急事態管理の時間的推移、いわゆる緊急時管理のタイムラインの考え方を導入し、関係機関がこの緊急時管理のタイムラインを踏まえて迅速かつ的確に防護対策を行うことができるよう、平常時から必要となる準備を行っていくという新しい考え方
・観測可能な指標に基づく、迅速な緊急時防護措置の実施